MENU

介護施設と保険適応

 

介護保険が適応される施設と、適応されない施設がありますから、介護施設などを選ぶ際には、保険の適応になるかどうかも確認しておく必要があります。まず指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設、療養病床、老人性認知症疾患療養病棟などは、介護保険が適応される施設ですから、入所すれば、負担が減ります。介護保険が一部だけ適応される施設もあり、介護付き有料老人ホームや、経費老人ホーム、認知症高齢者グループホームなどがそれに当たります。経費老人ホームの中でもケアハウスの場合には介護保険の適用です。
介護保険が適用にならない入居施設をここで紹介しますが、高齢者向け住宅、有料老人ホーム、経費老人ホーム、グループハウスは、介護保険の適用になりませんから、入居しても全額自己負担ということになります。
介護保険の適用外に当たるのですが、補助がある入所施設もあります。それは養護老人ホームと呼ばれる施設で、養護老人ホームは対象外となっているのですが補助の対象になるという特徴があります。このように、介護施設と一口で言っても色々な種類があるだけでなく、介護保険の対象になるのかならないのかによって色々と違ってきますからよく確認した上で利用するようにした方がいいですね。
介護福祉施設で同じようなサービスを受けられたとしても、介護保険の適用になるところとならないところがあるということで、経済的な負担が大きく違ってきます。

介護施設の費用

介護施設の費用としては、色々とかかりますが、具体的にはどんな費用が必要になってくるのか紹介したいと思います。介護施設に入居する際の費用としては、まず入居一時金が必要になるケースがあります。これはマンションを購入するという場合などと違い、終身利用権菜ので、所有権ということにはなりません。そして入居する際に介護費用も一緒に支払うケースもあります。中には介護は必要になった場合に費用が必要になるケースもありますが、この費用は、サービスの内容によっても大きく違っています。そして管理費もあります。管理費用というのは介護施設のサービスを管理したり施設を維持するために毎月支払うお金のことです。
食事を出してくれるような介護施設の場合には毎食の食費も必要です。光熱費は、管理費に含まれているケースが多いのですが、介護施設によっては、毎月水道光熱費がとられることもあります。
そして個人的に生活費として、自分が生活する上でのお金、病気にかかったり病院に通ったりした場合の医療費なども別途必要になってきます。介護に必要な費用というのは、介護施設に支払う最初の費用以外にも毎月費用が必要になってくるので、自分が支払っていけるのか、家族が負担していけるのか、毎月もらえる年金の額、自分の貯蓄などから考えて、自分が利用できる介護施設を選ぶということがとても大切なことになるのではないでしょうか。無理をしてしまっても長期的に介護が必要なのに途中で途切れることもあるかもしれません。

介護施設の選び方

 

介護施設の選び方と言えば、色々と人それぞれ確認するポイントがあると思いますが、チェックすべきポイントはしっかりと確認した上で選ぶといいでしょう。介護施設を選ぶ際のチェックポイントとしては、色々とありますから、ここで紹介したいと思います。まず、介護施設というのは費用がいくらくらいかかるのか、自分たちで無理のないように介護施設を選ぶ必要があります。
そして介護サービスの内容についてもしっかりと見ておきましょう。介護施設で受けられるサービスというのは、色々ですから、その施設で受けられるサービスが、自分にとって必要としているサービスであるかどうかも確認すべき点です。今の時点で考えるのではなくて、将来のことを考えて、介護施設を選ぶ必要があります。寝たきりになっても大丈夫なのか、認知症になってもその施設にいられるのかなども確認した上で介護施設を選びましょう。
介護施設の雰囲気などもよく見たうえで選ぶようにしましょう。利用している人との人間関係や福祉施設のスタッフとの人間関係などもとても大切だと思いますから、なかなか難しいとは思いますが、介護施設では雰囲気を見て選ぶことも大切なので、施設を選ぶ前に見学などは必ず必要です。また立地条件などについても、訪問しやすい場所にあるのかどうかなども確認しておくといいかも知れませんね。
他にも経営状態や食事がおいしいのか、栄養について考えているのかなどもチェックするポイントとなると思います。